【Java基礎】メソッドの引数について学ぼう

 

今回はメソッドの引数について学びましょう

 

引数とは

メソッドを呼び出す際に、呼び出し元からメソッド内に何か情報を渡し、その値に応じた処理を行うということが出来ます。メソッドに渡す情報を引数と言います。

 

 void show(int n)
{
num = n ;
System.out.println( num ) ;
 }

このshowメソッドは、呼び出し元から呼び出されるときに、int型の値を1つのメソッド内に渡すように定義したものです。引数nはこのメソッド内だけで使うことのできるint型の変数になっています。

変数n(引数)はメソッドが呼び出されたときに準備され、呼び出し元から渡された値が格納されます。このためメソッド内では変数nの値を処理に利用することができます。

 

引数を渡してメソッドを呼び出す

メソッドで定義されている引数(変数)を仮引数と言います。

一方、メソッドの呼び出し元から渡される引数(値)を実引数と言います。

 

 

変数の値を渡して呼び出す

メソッドに実引数の部分には、変数を指定することもできます。引数のないメソッドを使う

show()メソッドのように引数のないメソッドがあリます。

引数のないメソッドを定義するときは引数の部分は何も記述しません。

 

メソッドの戻り値

メソッドでは引数と丁度逆に「メソッドの呼び出し元にメソッド本体から特定の情報を返す」という仕組みも作成することができます。

メソッドから返される情報を、戻り値と言います。

複数支持できる引数と違って、戻り値はただ1つだけ呼び出し元に値を返すことができます。

 

 

 

 

【Java基礎】swich文の書き方について学ぼう

今回はswich文について学びましょう

 

swich文について

else if文よりもっとスマートな場合分けを専門に行う構文です。唯一の制限は条件に整数しか使用できないことです。機能的ですがどんな条件式でも使用できるわけではありません。

 

swich文の機能を理解してelse if文のと違いを確認しましょう。

swich文は「数」で場合分けを行います。「1の場合は〇〇」のように「その数は何か」により処理を行います。関係式を使用できないので、「2以上」などの場合分けはできません。

 

swich文の書き方

 

swich()文では()内に検査する変数や式を書きます。例では「定数の値」によって場合分けされることを意味します。

case文は場合分けを指定するところです。caseの後ろに、対応する定数の値と(  :  )コロンをつけます。

 

サンプルコード

swich(num){
case1:
System.out.println("1を選択");
break;
case2:
System.out.println("2を選択");
 break;
default:
 System.out.println("1でも2でもない");
}

 

swich文の規則

  • swich()文の()の中にはint、char、byte、short型の変数や式だけを指定できる。
  • case文にはint、char、byte、short型リテラルだけを指定できる
  • case文には変数や式(関係式)を指定できない
  • double、float、String、boolean、longはswich文にもcase文にも使用できない
  • default文はどこにあっても良いが、case文より前に書いた場合はbreak文をつける

 

 

【Java基礎】メソッドについて学ぼう

今回はメソッドについて学びましょう

 

メソッドとは

メソッドとは、Javaのようなオブジェクト指向プログラミング言語で、特定のクラスやオブジェクトに所属するグループのことです。

内容がまとまっている処理や反復する処理など、いくつかの処理を一つにまとめたものをメソッドと呼びます。

 

メソッドの特徴

  • クラスを作成することは様々な「機能」をメソッドという仕組みでまとめることができる
  • メソッドはフィールドと共にクラスのメンバと呼ばれる
  • メソッド名とは変数の名前と同じように識別子を使ったメソッド名前である
  • クラスには複数のメソッドを作成することができる
  • ひとつのメソッドにはひとつの機能を割り当てることができる
  • メソッドは他のメソッドを呼び出して実行することができる
  • 呼び出したメソッドが働いている間、呼び出し元は中止する
  • 呼び出されたメソッドは普通はreturn文で処理を終了する
  • 呼び出されたメソッドは処理を最後まで終えるとreturn文がなくても終了する
  • 呼び出されたメソッドが終了すると、呼び出し元が再び処理を開始する

 

メソッドを定義する

メソッドはいくつかの文をまとめて記述しますこれをメソッドを定義すると言います。

 戻り値の型 メソッド名(引数リスト)
{

・・・・
return 式;
 }

 

メソッドを定義しておくと、そのクラスのオブジェクトを作成した後でメソッドの処理を実際に行えるようになります。

 

メソッドの呼び出し

メソッドの処理を実効することを、メソッドを呼び出すと言います。

オブジェクトを指す変数名.メソッド名(引数リスト);

オブジェクトが指す変数名にピリオド( . )をつけメソッド名と()を記述します。

 

 

【Java基礎】if文について学ぼう

今回はif文について学びましょう

 

ifi文とは

if文とは「if」という命令を使用して条件分岐を行える構文のことです。

男か女か、賛成か反対かなどデータを収集して2つに分ける判定とその結果に応じた処理を行うにはif分を使用します。

if (条件式){ 
// 条件式が true のときに実行される処理
... }

if 文では条件式を評価して true だった場合は { から } のブロック内に記述された処理を上から順番に実行します。条件式が false の場合はブロック内の処理は何も行わずに if 文の次の処理へ進みます。

 サンプコード

int n = 2 ; 
if (n % 2 == 0){
System.out.println("偶数です");
}

 

if 文で変数 num の値が 2 の倍数かどうかを評価します。 true の場合であれば「偶数です」と画面に表示します。 false の場合であれば何もしません

 

else if文の書き方

条件式が true の場合と false の場合にそれぞれ異なる処理を行いたい場合は次の書式を使用します。

 // 条件式が true のときに実行される処理 
 ...
}else{
// 条件式が false のときに実行される処理
  ...
}

else if文では条件式を評価して true だった場合には if のあとの { から } のブロック内に記述された処理を上から順番に実行します。条件式が false の場合は else のあとの { から } のブロック内に記述された処理を上から順番に実行します。

 サンプルコード

int n = 4 ; 
if (num % 2 == 0){
 System.out.println("偶数です");
}else{
 System.out.println("奇数です");
}

 

if 文の特徴まとめ

  1. if文は条件が成立するかどうかでどちらかの処理を選択的に行う。
  2. else以下は必要なければ省略できる
  3. 2つ以上に場合分けするにはelse if文を使用す流。else if文はいくつでも書ける

 

プログラミングで条件分岐を使わないプログラムはほとんどありません。

それだけに、if文が使えるかどうかは必須スキルであると言っても過言ではないでしょう。

条件が複雑になればなるほど、記述方法も難しくなります。

if文をしっかりと学んで理解しておきましょう。

 

【Java基礎】クラスを学ぼう

今回はクラスについて学びましょう

 

クラスとは

Java機能には変数や配列など様々なものがあります。そのため、プログラムが複雑なものになるにつれて、効率良くプログラムを書くことが必要になってきます。こうして取り入れられた機能をクラスと言います。

クラスはモノの状態、性質やそれに関わる機能をまとめながら、プログラムを作成していくために使う概念です。

クラスを扱うときはプログラムを部品のように組み合わせてプログラムを開発していくイメージを持つとわかりやすいです。

 

クラスを宣言する

クラスの名前は識別子の中から自分で選んでつけます。

 クラスの宣言方法

アクセス修飾子 class クラス名 {
}

クラスの「状態、性質」を表す仕組みは「フィールド」と呼ばれています。

フィールドは、コード上では変数を使用して表すことになっています。

オブジェクトについて

 「オブジェクト」というのは直訳すると「物」です。物理的な物体を表すこともあれば、そうでないこともあります。

 

クラスというのは、設計図のようなものであり、そのままでは使用することができません。

クラスを使用するには、new演算子を使いクラスのオブジェクトを生成します。(インスタンスの生成ともいいます)

オブジェクトの生成

クラス名 変数名 = new クラス名(引数);

オブジェクトの作成方法

  1. オブジェクトを扱う変数を宣言する
  2. オブジェクトを作成し、その変数で扱えるようにする
Car car1;
car1 = new car1();

クラスに「機能」を表す仕組みをメソッドと言います。

これらの作業をメソッド内などで記述していきます。

 サンプルコード

class car 
{
unt num;
double gas;
}
class Sampule
{
public static void main )String[] arga)
{
     Car car1;
car1 = new car1();
   ・・・・・
}
}
 

 

オブジェクトは2つ以上作成することもできます。

Car car1;
car1 = new car1();
car1.num = 1234;
car1.gas = 12.34;

Car car2; car2 = new car2();
car2.num = 2345;
car2.gas = 23.45;

 

メンバにアクセスしよう

フィールドとメソッドはクラスのメンバと呼ばれています。

フィールドに値を代入するには、オプジェクトを指す変数名にピリオド( . )をつけてフィールドを指定します。

 

 サンプルコード

class car 
{
unt num;
double gas;
}
class Sampule
{
public static void main )String[] arga)
{
     Car car1;
car1 = new car1();

    car1.num = 1234;
      car1.gas = 12.34;

System.out.println( car1.num );
      System.out.println( car1.gas );

}
}
 

フィールドを扱うことを、メンバ(フィールド)にアクセスすると言います。

 

 

 

 

【Java基礎】while文を学ぼう

今回はwhile文について学びましょう

 

while文使い方

Java で繰り返し処理を行う時に利用できる while 文の使い方について解説します。 while 文は繰り返し処理の中で条件を満たす場合は回数を決めずに繰り返しを行う場合によく使用されます。

 構文

while (条件式)
  実行する処理;

while文では最初に反復条件のチェックを行い、条件が成立(true)していれば「繰り返し実行したい処理」を行います。処理が終わるとまた反復条件に戻ってきます。こうして繰り返しループが形成され、条件が成立しなくなると(false)、次のステップに移ります。

 

 サンプルコード

int num = 1;
while (num < 6){
System.out.println("num = " + num) + "です";
num *= 2;
}

 

while文はfor文と違い

while文もfor文のように繰り返し回数を指定する書き方ができます。

例:5回位繰り返す処理のfor文とwhile文

 

while文では必ず次の処理えお記述しなければいけません

  • while文の外でiを宣言して初期化しなければならない
  • 繰り返し処理の最後でi++としてインクリメントする

 

while文はfor文と違い指定する式は1つだけです。また繰り返し文であるwhile文は繰り返し文を制御するための「break文」と「continue文」も利用できます。途中の処理結果によっては途中で抜けたり、後の処理をスキップしたりしたい場合に利用してください。

 

while文の注意点

while文では書き方によっては無限ループを起こしてしますので注意が必要です。

int i =  0 ;
while (true) { System.out.print ( i ) ;
++ i ; }

この場合終了条件の記載がないのと同じ状態なため、ループが無限に回り続けます。

実際のプログラムで無限ループを起こすと、メモリがオーバーフローするなど、システム全体に関わるエラーを起こしかねないので、実装してはいけないコードです。間違えて書いてしまった場合も、一度実行してみれば無限ループになっていることは分かるので、書いたコードは必ず確認しましょう。

 

while文とdo while文の違い

Javaにはwhile文に似たdo while文があります。Javaのdo while文は、while文と同様に繰り返し処理をするための構文です。しかし、Javaのdo while文とwhile文では条件式の位置が異なり、do while文では条件式で「偽(false)」の場合でも、1回は繰り返し処理の記述内容を実行します。

 do while文の構文

do {
繰り返し処理部;
} while (条件式);

 do while文のサンプルコード

int num = 1;
do{
System.out.println("num = " + num) + "です";
num *= 2;
}while (num < 6);

 

 

 

 

 

【Java基礎】関係演算子と論理演算子について学ぼう

アイキャッチ画像

今回は関係演算子と論理演算子について学びましょう

 

関係演算子について

関係演算子演算子の左辺と右辺を比較して true または false を返します。 2 つの値をどのように比較するかによって、次のような関係演算子が用意されています。

 

演算子 使用例 意味
< A < B AはBより小さい
<= A <= B AはBより小さいか等しい
> A > B AはBより大きい
>= A > B AはBより大きいか等しい
== A == B AとBは等しい
!= A != B AはBは等しくない

 

文字列の比較

文字列と文字列の値を比較する場合には、 String クラスの equals メソッドを使用します。

equals メソッドは、変数と.(ドット)で連結して使用します。

文字列a,bを比較する場合は、a.equals(b)と書きますがb.equals(a)と書いても問題ありません。同じであればtrue 、違う場合はfalse を返します。

文字列aがnullかどうか調べる時に限りa == null が使用できます。

文字列の比較

 

論理演算子について

論理演算子は複数の条件式(または boolean 型の値)を組み合わせた式を評価して true または false を返します。対象となる条件式は 1 つ、または 2 つで次のような論理演算子が用意されています。

 

演算子 使用例 意味
&& A && B 論理積、AとBが共にtrueならtrue
|| A || B 論理和、AかBの少なくとも1つがtrueならtrue
! !A 否定、Aがtrueならfalse、Aがfalseならtrue

 

論理演算子の注意点

&&演算子と||演算子どちらの演算子も左辺から判定し、全体の結果を求めます。

しかし、注意点として、右辺の判定は実施しない場合があります。

例として、&&演算子の場合で考えてみましょう。

まず、左辺を判定し結果がfalseだった場合、左辺のみの判定でfalseと確定するため右辺の判定は行いません。

次に||演算子の場合は左辺を判定し、結果がtrueだった場合には全体がtrueと確定するため、右辺の判定は行わないのでそれぞれの演算子の特性を理解して使い分けましょう。